親知らずが痛んだら歯科へ

親知らずが痛んだら歯科へ行くのがベストです。痛みがある人はこの機会に病院で相談してみるといいでしょう。歯の痛みが最終的に自分で解決できるのはごくまれです。「そのうち痛みが治まるだろう」なんて安易な見解はあてになりません。
歯については痛みがどんどん進行していきます。虫歯の場合は確実にそうなります。たかが虫歯と放置しておくと神経を抜かなければならないほど症状が悪化したり、大変な事態になることも少なくありません。この機会にケアについても今一度考えてみてください。

そもそも親知らずとは?
親知らずという言葉を聞いたことはあってもどういったものかわからない人もいることでしょう。この歯は必ずしも生える歯ではなく、生えない人もいます。生える人は痛い目にあっているといった人も少なくありません。最終的に抜歯に至ることが多いので、「不要なのでは?」と感じる人も多いかもしれません。
抜歯については辛いものです。成長段階の歯の生え変わりのように自然な現象ではないので痛みがあったり、歯茎がはれたりとさんざんです。痛みもなくすんなりとれたよ、なんて人はごくまれかと思います。
最奥に生える歯で、永久歯となります。上下合わせると4本生える計算です。4本生える人もいれば、1本だけの人もいますし、全く生えない人もいます。生えない人はラッキーです。
やっかいなのが歯茎の下になっているケースです。歯茎がよくはれるといった人は歯の生え方に問題がある場合も少なくありません。歯茎が痛むと食事もままならないですし、仕事にも支障ができます。また汚れについてもたまりやすい状態になるので衛生的にも良くない状況です。
ケアについてはどういうケアをすればいいのか?という点についても確認する必要があります。まずは歯科でレントゲンをとってもらい、医師の診断を仰ぎましょう。

歯科は後回し厳禁
歯科については後回しが厳禁です。親知らずは特にやっかいなので早めに歯科に行きましょう。プロのケアが欠かせない歯であり、プロの手は必須です。
歯についてはいずれ歯医者に行く羽目になります。それなら覚悟を決めてさっさと歯医者に行きましょう。