怖いと感じる原因!痛みを取り除く歯医者の技術

歯医者が怖いと思って行きたくない理由を挙げると、子どものころのトラウマや雰囲気、臭いなど色々とありますが、最大の原因はやはり「治療中の痛み」になるでしょう。

誰だって痛い思いをしてまで成し遂げたいことって、本気でやり切ると決めた取り組み以外であれば、それを受けないと治らない症状があるからやるしかない状況になった時くらいです。歯の治療は後者に属しますが、身体全体のほんの一部分でしかないのに一本痛めただけで日常生活にまで支障が出るくらい気になったりするとは恐ろしいことです。

ただ、最近の歯科医学技術は、この痛みをできるだけ取り除いて行うように進化していると知ったら、少しは通院する抵抗もなくなるでしょう。

ちなみに歯の治療でもっとも痛みを感じるときって、どんな時かはご存知ですか?それは「麻酔を打とうとする時」です。大体の人は「歯を削る時」と思ったでしょうが、実は麻酔の効き具合にもよりますが、削る音に対して心理的な恐怖があるくらいで実は意外と痛みを感じず平気だったりします。だから、麻酔をどうにかすることで痛みは一気になくなります。

そのために、笑気ガスを使った麻酔技術に加えて「表面麻酔」と呼ばれる技術も登場しています。これはジェルタイプの塗り薬タイプの麻酔で、歯茎に塗るだけで同等の効果が出るため安心です。また、通常よりもはるかに小さい注射針が開発されたため、痛みを察知する痛覚にできるだけ刺激を与えることなく効果を出すこともできるようになりました。

他にも、歯の質よりも柔らかい素材でできているため痛みを最小限に留める歯を削るドリルのバー(先端)、驚きですがレーザー照射によって虫歯を蒸発させるレーザーといったものに加えて、虫歯の部分のみを溶かして掻き出すことで麻酔や歯を削る手間を省くことができる虫歯除去液といったものも開発されています。この勢いだと、将来的には、歯を再生させる技術もこの勢いだと登場するかもしれません。もちろん、人工的に作っていることに変わりはないため、できるだけ生まれた時の歯を長く愛用していきたいです。

歯医者に行くのは確かに怖いです。でも、それを抑えるための技術の進化もあります。それを知ることができれば少しはホッとしますね!