子どもの時から歯医者は怖いというイメージを変えていきましょう

突然ですが、歯医者には基本的にはどんなイメージをお持ちでしょうか?おそらく、痛い、何回も通院しないといけない、臭いが好きになれない、といった理由で老若男女問わずイメージはとても悪いはずです。端的に言えば「怖い」という想いである、子どもは特にそれが強いはずです。

それでも、日ごろから歯の手入れをしないと虫歯や歯周病などを引き起こして、通院することになります。それを嫌がって通院しなければどんどん悪化しやがては抜歯ということが待っていることでしょう。その場合は、差し歯やインプラント技術の出番になりますが、相応の治療代が必要となるためその前に治療をするのが賢明な判断です。

もっとも、仮にそれらがなかったとしても、第一印象を良くしたいので悪い歯並びを矯正する、子どもの乳歯が永久歯に生え変わってきている、親知らずを抜歯するといった理由でも通院は必要になってきます。

こうしてみると、一生のうちに何度かは多くの人たちは通院経験がある、あるいはこの先起きることが分かります。そのため、通院することに対して少しでも怖いイメージをなくすことが求められます。

だから、その心境に至る経緯を辿ってみたところ、大体は子ども時代に親に泣きながら引っ張られて歯の治療を受けたという苦い思い出があるようです。つまり、子どものうちからイメージを変えることが必要になってくることが分かってきます。

主な方法としては、小児歯科という子ども用の歯科に行かせることで少しでも安心感を与える、あとは意外にも歯医者さんと親が相談し子どもが不安がる点や気になる点をヒアリングしておくといったことも効果的です。これの後押しとして、歯科医学の進歩によって、歯をなるべく削らない、麻酔の針が細くなり痛みをそこまで感じないといったことも起きています。その点も教えてあげるといいでしょう。

通院することに対して抵抗をなくすことはすぐにはできるわけではありませんが、こういった地道な取り組みによって少しでも変えていくようにしましょう!

ちなみに余談ですが、歯の治療の必要性は動物に対しても言えます。実は、とあるTV番組で、外国の動物園で飼育されていたライオンの様子がおかしいことに気がついた飼育員が観察したら、どうも虫歯が原因で動けなくなっていると判断され、歯医者と獣医も立ち会った前代未聞のライオンの歯の治療をするということが放映されました。百獣の王と呼ばれるライオンですらも歯の痛みには耐えられなかったということです。