歯医者が怖いと考える理由には口臭もあったりします

歯医者嫌いの理由を考えると、小さい頃に痛い思いをして治療したときのトラウマなどがあるかと思いますが、他にも「口臭で嫌がれるのが怖いから、行きたくない」なんていうのもあるようです。

この口臭、歯磨き粉を使用しての歯磨き、ガムや消臭スプレーの利用といった方法で、できるだけ抑えることはできても、結局は卵や野菜とかが腐ったような臭いが戻ってきてしまいます。せっかくの彼女とのデート時にいいムードになってもそれが臭いとか言われるようではなんだか申し訳ないですよね。また、職場の会議とかでも同じように思われたら、もしかしたら議案がまとまらず上手くいかないなんてこともあるかもしれません。

現代においては、「スメル(臭い)ハラスメント」とも呼ばれ、一つの社会問題になっているくらいだから原因と対策をよく確認しておかないといけません。

まず、原因を辿ってみると、嫌気性細菌によって口内に残った食べカスを硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドのような揮発性硫黄化合物に変化させることにより起きることが分かっています。だから、歯並びが悪くて食べカスが溜まりやすい人は、普通の人よりも丹念に磨かないと臭いを発生させてしまいますので注意が必要です。他にも、歯周病、虫歯といった歯に関する病気によるものもあります。

ただ、原因が分かれば、あとは対策になります。

個人でもできる対策としては、普段から歯磨きをしておくことはもちろん、舌もしっかり磨くことも有効です。その際は必ず舌磨き専用の歯ブラシを使ってください。舌を痛めたり出血を起こしたりするからです。あとは洗口剤の使用もいいでしょう。要は、食べカスを残さず嫌気性細菌の働きを起こさないことです。

しかし、歯周病や虫歯の場合は、やはり通院しながら治療するしかありません。いくら歯を磨いたところで、元を良くしないと治ることがないからです。大丈夫、歯医者さんも歯の治療を通して口臭を良くしようと懸命に治療をしてくれます。だから、怖いのは分かるけど一時のことと割り切って通院しましょう!