「歯医者が怖い」と思うこと自体も実はれっきとした症状です

行きたくないけどいかないといけない歯の治療。治療中に痛い思いをしたくはない、子供のころに嫌な想いである、といったさまざまな理由があって、怖くて行きたくないとなりがちですよね。でも、そうは言っても治療しないと良くならないならと割り切っていく人がほとんどです。

それでも行きたくないと我慢してしまう人も稀にいます。「気持ちは分かるが必要な治療だから割り切って行ってこい!」と言いたくもなるでしょう。そして、子供ならまだしも、大人になっても歯医者へ行きたくないとパニックとなることは、はたから見たら単なるわがままにしか見えません。

しかし、誤解されがちですが、これは「歯科恐怖症」と呼ばれるれっきとした症状です。

症状としては、めまいや震えが起きる、動悸が激しくなる、過呼吸になる、すくみ足になる、吐き気や嘔吐をするといったものがあります。特に吐き気や嘔吐をするというのは別名デンタルショックという言葉もあるくらいで、そんなの我慢とは片づけられるものではありません。

ただ、この症状の厄介なところは、原則として通院しなければ発症しないので、日常生活を送るうえでは支障がないものの、要件が揃ってしまうと心の中に潜んでいた恐怖心が覚めて起きるので、周囲の戸惑いも少なからず起きると考えられることです。エリートで通っているサラリーマンが歯の痛みを訴えてきたので、治療することをアドバイスしたらとたんに慌てふためいていてドン引きしたとなっては、あまりにも滑稽でイメージダウンにもなりかねません。

では、その歯科恐怖症の克服になりますが、これに特化した治療も施してくれる歯医者を探すことがベストと言えます。そこではアロマや音楽などで少しでもリラックスできるような配慮がされているそうです。また、歯医者さん自身もかつて歯科恐怖症であったため、同じく苦しんでいる人たちの治療をしていきたいと考えてくれていることでしょう。もちろん、対面すらも嫌ということを想定して電話やメールなどでも対応してくれるところもあるので、粘り強い調査をしていきましょう。

単純に恐れずに行ってこいでは片づけられない歯科恐怖症。だからこそ、これなら大丈夫かなと怖いという気持ちを少しでも安心させることから始めていけば、いつの間にか、そんなのあったなあと笑っていられる日も近いことでしょう。